ハワイ三兄弟

ハワイへ移住した3兄弟ママです。日本での育児から、移住準備、ハワイでの生活をつらつら書いてます。マーケター。

アラフォーで転職するには、職場の思考型を見抜く必要がある。

転職したいな、仕事を変えたいな、なんて思っても、
若いうちならともかく、30代を後半になってくると躊躇うものがある。

 

わかってもらえるだろう、アラフォー世代なら。

 

 

アラフォー世代の洗脳

私たちの時代は、多くが「転職回数は少ない方が良い」

「3年は続けろ、2年でやめていると印象が悪い」

という洗脳のようなものを受けていたはずだ。

 

故に、同じ企業にずっと居座ったまま、年を重ねてしまった人が多くいるのではないだろうか。

 

もう、この年では、ダメだろう。

そう多くの人が思う。

 

しかし、転職活動をしてみて思うことは、

受け入れ先があるかどうか、のハード面よりも

自身が受け入れられるかどうか、のソフト面の方が辛いかもしれない。

 

ということ。

 

受け入れ先、つまり転職先があるだろうか?

これについては個々の状況によるところがあるとは思うのだが、

私は「ある」と思っている。

 

私の会社で起きたリストラから見る、転職の年齢制限

実は先日、私の勤めていた企業で、大量のリストラがあった。

およそ、30人ほどだろうか。100人程度の規模の会社にしては、

なかなか血みどろの戦略であったかと思う。

 

対象年齢層はほとんど高めの30代から40代。

20代はまだ変われる可能性があるし、伸び代もあるから、対象とはならなかった。

 

世界のグーグルの、リストラ事情をご存じだろうか。

アメリカのリストラは日本よりも頻発に起こり、日常的にリストラが起きる。

グーグル社の基準は、「前年より伸びていない社員、つまり前年と現状維持である社員は辞めてもらう」

 

成長した人間だけが残れる会社。

私の会社の社長は、このグーグルの指針に憧れ、自社でも実施した。

 

30代以降の社員は、それぞれがすぐに転職先を見つけた。
特に就職先に困らなかったのはプログラマーだが、それ以外の営業職や企画職、事務職なども「転職できない!」という声はあまり聞かなかった。

 

年齢は、転職において制限はかかるものの、絶対に無理な訳ではないようだ。

 

【転職会議】企業の口コミ・評判・求人が豊富な転職サイト

 

アラフォーでの転職は、周りに合わせられるかどうか

私もアラフォーで転職をしたのだが、自身も年齢ではねられる、ということはなかった。自分の培った経験不足や、企業の求める人材と違う、という事で断られることはあったが、年齢は関係無いように思う。

 

だが、しかし、だ。

実際、転職して入社して見ると、これが大変厳しいことに気がついた。

 

30代後半ともなると、社会人歴は10年以上は経っているはずだ。つまり10年以上、何かの経験を積み、自己形成をしてきて、自分の「軸」となるコアがある人が多い。

 

自分は、何を得意として生きているのか、何がやりたいのか。ある程度見えてきている。

自分が論理的思考人間なのか、感情型思考人間なのか。

区別がついているのでは無いか。

 

私は、論理的思考人間である。
C=Dである。という事象だけでは、理解できない。

A=Bだから、C=Dという式が成り立つ、という説明が無いと、納得が行かない人間になってしまった。

 

結果だけを説明されても理解ができない。

そこに至った経緯はなんなのか?原因は何なのか?どうしてそうなったのか。

 

そういった事から理解しないと進めない、非常に面倒臭い人間になってしまっていたことに、気がついた。

 

論理的思考人間と、感情型思考人間は、あまり相性が良く無い。

会社は、同じ思考の人間が多く集まるとうまくいく。

 

なぜなら、この相対する人同士の会話は、理解するのに時間を要する場合が多いからだ。

 

論理的思考型人間は、話が論理的に繋がっていないと、理解ができない。

感情型思考人間は、なぜ話が理解できないのかがわからない。

 

 この異なるタイプの人間が、上司と部下、または同じチームになってしまうと、激しくぶつかってしまう。
できれば、社内の人間がどういうタイプの人間が多いのか、把握しておきたいところ。

 

実は、思考の型は、訓練によって変えることができる。

だが、アラフォーにもなってくると、思考の型を変えるのは非常に時間がかかる。

すでに自分の思考型が固まっているので、それを変更するのは「自身」を変えることになるので、今まで自身が信じていたものが、崩れていく可能性がある。

 

実績を出していたのなら、尚更。正とするものを正とせず、違う方向からの思考方法は、時には自信を否定することになるからだ。

 

入社する前に、できるだけ社内の事を知れたら良い。

入社してから、自分と上司や同僚、チームメンバーが違う思考型だと気付いた時、

自分を曲げることができるだろうか。

 

無理して変える必要は無いが、話がスムーズにいく一つの要員としては、

思考方法が同じであるか、という事が大きく作用している。

 

入社前に会社の内情を詳しく知ることができる転職サイト

 

 

1人1人、居心地の良い職場、というのは異なると思う。

だが、人間関係が良好な職場、というのは同じ思考のタイプが集まっている場合が多い。 

恐れずに、進め。アラフォー戦士たちよ。

 

居心地の良い居場所は、きっとある。