ハワイ三兄弟

ハワイへ移住した3兄弟ママです。日本での育児から、移住準備、ハワイでの生活をつらつら書いてます。マーケター。

地元のロコが通うおいしい店、って言うのは、信用できない。

ロコが通う店って本当に美味しいの?

ロコが通う店って本当に美味しいの?

私はハワイに住んでいます。

 

ハワイに観光で来る人も多くて、友人や家族が来るたび、

「ガイドブックに乗っていないような、ローカルが通うおいしいお店を教えて!」

 

とリクエストをいただきます。

 

ローカルで賑わう店。

確かにあります。でも、ローカルが通う店って、本当においしいんでしょうか。

 

 

経験談その1:ハワイの職場の仲間で、アメリカ人と日本人で食事をした話。

ハワイで勤務している旅行会社は、地元のアメリカ人と、駐在の日本人が一緒に働いています。職場の人たちはみんな仲が良く、よく一緒に食事をします。

 

先日、クリスマスパーティをあるレストランで行った時のこと。

そこで出たラザニアをみんなでつまんで、アメリカ人の同僚が「美味しくない!」と一言。

どれどれ・・?と、皆が一斉にラザニアを食べる。

 

アメリカ人:「本当、美味しくないね。スーパーで売っているラザニアの方がマシ!」

日本人:「え。おいしいよ?え?」

 

明らかに国籍で味の品評が別れていました。

 

確かに、生まれ育った味が違うのだから、「おいしい」と感じる味覚も違うのかもしれない。

今までの経験を振り返ると、そう言う出来事が多々ありました。

 

 

経験談その2:中国で中華料理を食べた時の話。

中国に出張になり、現地の中国人に、おいしい中華料理を接待でご馳走してもらいました。現地の人間がここぞと言う時に行く、高級レストランだそう。

 

出てきた料理を食べると、いつもの自分が食べている「中華料理」とは違う味。

エビチリも、青椒肉絲も、自分の知っている味では無い。

 

微妙でした・・・

 

私がいつも日本で食べていた中華料理は、日本人好みに味付けが変えられていたんだなあ、と初めて知った出来事でした。

中国人の方達は、おいしいでしょ?ここは本当にオススメのレストラン!と食事をとても楽しんでいました。

 

 

経験談その3:広島でイタリア人観光客に出会った話。

広島、と言えばお好み焼き。広島風お好み焼きは、日本でも人気の地方グルメ。出張に行った際には、おいしいお店をリストアップして、仕事のメンバーで通うのが出張の楽しみ。

 

先輩方々より何十年も蓄積された「本当にうまい」広島お好み焼き店に、よく通いました。

 

そこで、隣に居合わせた、外国人観光客5人グループ。話す言葉は英語ではなく、おそらくイタリア語だったかと思います。

 

広島焼きを目の前にして、「イェエエエエ!!」と言う感じでテンションが上がっていました。目の前で焼かれる広島焼きに目を輝かせ、出来上がると全員写真を撮り、

それはもう、ワクワクしているのが伝わって来るようなはしゃぎっぷり。

 

存分に撮影を楽しんだ後、広島焼きを全員一斉に一口、食べました。

 

「・・・・。」

 

今までのテンションはなんだったのか、と言うくらいの落ちっぷり。

 

イタリア語はわからなくても、「美味しく無いんだな」と言う事が十分に伝わって来る表情でした。

 

笑顔は消え、仲間どうして、暗い顔でボソボソと会話をして、

1人はもう一口トライしてましたが、他のメンバーはもう口をつけませんでした。

 

一口しか食べられていない大きな広島焼きが、5皿、ポツン。

 

いや、おいしいんですよ、ここのお好み焼き。

入るのが大変なほど、人気店です。

ただ、お好み焼き自体が、もしかしたらイタリア人の口に合わなかったのかな、と思いました。

 

日本人がおいしいお店が、外国人においしいとは限らない。

 

何が言いたいのかって言うと

つまり、日本人と外国人の味覚は違うんだろうな、と思うわけです。

生まれてから和食メインでダシの味を覚えてきた日本人と、

ソースやケチャップメインで味をがっつりつけてきたアメリカ人とは、

「美味しさ」の感じ方が違うのは当然です。

 

話を戻しますと、ハワイで「地元ロコが通うおいしい店」なんて言うのは、

おいしいかどうかわかりませんよ、って話。

 

信用できるのは「ハワイ在住日本人がオススメするおいしいお店」か、「日本人観光客にオススメのレストラン」なわけです。

 

 

だって我々は日本人。だしの味で育って、納豆を愛する国民。

日本人観光客にオススメのレストラン特集、作りたいです!

作るか!