ハワイアン三兄弟〜アロハな子育て〜

ハワイへ移住する3兄弟ママです。日本での育児から、移住準備、ハワイでの生活をつらつら書いてます。

MENU

ランドセル選び、地域で人気が違うみたい

春。年々早くなっていく、ランドセル選び。

 

実は私の息子は日本の小学生には行きません。

だけど、年長さんまで日本にいたので、ママ友さんと話すと、春から夏にかけては、ランドセルの話題でもちきり!!

私も仲間に加わりたくて、自分がもし選ぶなら。と情報を集めてました!

 

◆ランドセル選び、もしかして地域性が高い

ネットでもリアルでも情報を集めまくっていて、ある感覚を感じました。

「あれ、これってもしかして、ランドセル人気、住んでる地区によるかも…。」

 

◆情報1:東京、高級街銀座周辺

銀座界隈。こちらに住んでいるママ会に何故か参加している私。

世帯年収は差がすごくありますが、話を聞いた家庭の方々は最低でも2000万は超えてます。

こちらでの人気は「銀座周辺で買った」でした。

まるでふらりと日常的に、スーパーに行くような感覚で銀座へ買い物へ…。

 

銀座周辺で、といえば池田屋、黒川鞄など。

価格は最低でも10万以上!

銀座ママ達は、祖父母もお金を持っている方が多いので、10万円などはした金なのです。

 

一時期ニュースで話題になった、アルマーニの制服の学校に通わせてる方もいましたが、全然気にしてませんでした。9万の制服。

 

 

◆情報2:埼玉、中流浦和市周辺

地域世帯年収は700万から800万。

埼玉県の中では世帯年収が高めの地域になります。

 

こちらでは、

百貨店などのデパート。

土屋鞄。

黒川鞄。

が人気でした。価格帯は、5万から8万。

6年間使うし、祖父母から買ってもらう方もいるし。

という事でこの価格帯なんでしょうか。

予約がメインなので、春夏に注文します。

 

 

◆情報3:インターネット

やっと出てきた名前、イオン、ニトリ

銀座や浦和では一切出てこなかった名前。

価格帯は2万から3万と、ぐっとお安くなります。

 

予約しなくても買えます。

やっぱり買ってる人いるよね?

 

ということで、色々聞き回った結果、

ランドセル人気は地域による!!と感じました!!

インターネットではなく、リアルママたちの声を足で集めなければいけませんね。

 

まわりと違ったからといって何があるというわけではないのですが。一緒に登校する子達の雰囲気には合わせていきたいですよね。

 

ちなみに私が欲しかったランドセルはこちら。

 

 

オシャレ!

無名だけど、かわいい〜!

絶対に息子は欲しがらないけど、私が欲しい!! 

 

余談ですが

女の子はピンクやラベンダーなどのカラーを欲しがりますが、高学年になり嫌気がさすそうです。

心を鬼にしてベーシックカラーをオススメした方が良いみたい。

 

買い直すなら別に良いかも。

ちなみにアメリカ人旦那は日本のランドセル文化が嫌い。「重いし、高いし、ランドセル業界の陰謀じゃないの?」と。

そうかもしれませんね。

リュックじゃだめなんですか?