ハワイアン三兄弟〜アロハな子育て〜

3兄弟の育児記録。国際結婚のアメリカ人夫との日常。

【育児】スイミング、習い続けて2年。変化は…!

f:id:anjelinax:20190116174407j:image

6歳、4歳の兄弟の子供の習い事は、水泳!

スイミングを、やっています。

 

長男5歳の時に、何かやらせたいなぁと思い、スイミングにした理由は。

 

◆保育園のプール事故が怖い。

夏になると、ありがたい事に保育園で頻繁にプールに入れてくれます。嬉しいのですが、そこでよく耳にする水の事故。保育園や幼稚園で、プール遊び中に亡くなったという悲しい事故があります。

 

平成29年の保育園における死亡事故は8件で、そのうちの1件がプールによる溺死です。

 

件数としてはそこまで多くありませんが、毎年必ず起こっている事なので、頭に残っているのだと思います。

 

また、プールでの緊急時想定訓練も6割が訓練を行っていないそうです。

 

 “幼稚園・保育所の6割、プール事故想定した訓練せず
2018年4月24日 日本経済新聞

全国の幼稚園、保育所認定こども園の園長や教諭の6割が、プールで子供が溺れるなどした際の緊急時想定訓練を「行っていない」と回答したことが24日、消費者庁消費者安全調査委員会(消費者事故調)の調査で分かった。緊急時の対応マニュアルが「ある」と答えた教諭は5割にとどまった。” 

日本経済新聞より引用

 

自分で自分の子を守るしかないな、と思いました。

 

◆はじめはワクワク、それからヤル気を失う

初日に体験スイミングを申し込んだ2人は、それはもう大興奮でした。楽しかった!またやりたい!

そう言われては、習わせるしかありません。

 

うちが通っているスイミングスクールは、曜日、先生によってカリキュラムが違いますが、初心者の子には「とにかく楽しく水に慣れてもらう」事をモットーに、遊ぶだけです。

 

通い出して3ヶ月くらい経った頃、飽きてきました。

もう行かなーい、と言い出して、連れて行くのに労力を使う日々。

だけどまだ習い始めたばかりなので、潜る事さえできません。

しかも、一度やると決めたものをこんなにすぐ投げ出すようではいけない、と思い、大変ながら続けさせてみました。

 

特に長男5歳が苦戦して、水が怖くて、7ヶ月経っても潜る事ができない。こんなに長く1番下のクラスにいる子はなかなかいないとコーチに言われました。

 

向いてないのかなあ。

嫌々続けさせるのも月謝の無駄だよなあ。

 

何度も悩みました。

 

◆長男、魔法のゴーグルを装着

ある日、長男がゴーグルが欲しいと言い出しました。ちょっと、戦隊ヒーローみたいでかっこいいと思ったんでしょう。

うちのスイミングスクールのゴーグルは自由制で、つけても良いし、つけなくても良い。

試しに買ってあげました。

 

すると!

今まで全然潜る事ができなかった長男が、いきなり潜れるようになりました!!

これにはビックリ。

潜れるようになって世界が広がったのか、プールに行くのも嫌がらずに行くようになりました。

 

◆プールってぜんそくに良いっていうけど本当?

私が親になる前に、プールは喘息が良くなる、と噂で聞いたことがありました。なので、喘息持ちの三男も検討してみたのですが、調べてみると、それは間違いだと知りました。

 

ヨーロッパの研究データによると、プールに含まれる殺菌成分(三塩化窒素)が喘息を悪化させる可能性がある事を指摘しています。

 

実際、私の親族が子供に喘息持ちでプールを習わせていたのですが、一向に良くならず、悪化するばかりだったと言っています。

残念ですが喘息持ちの三男には習わせる事はないでしょう。

 

途中で辞めそうになったスイミングですが、2年習い続けて、今は2人とも潜れるし、少しだけですが泳げるようにもなりました。とりあえず、プールで溺れる、という事は回避できるレベルにはなったかなあ、と思います。

これからどこまで続けるかは本人達次第です。

 

私は自分達で自衛してますが、保育園や幼稚園も、十分な体制が取れていないのであればプールを実施して欲しくないですね。

 

夏の悲しい水の事故が、ゼロになるよう願うばかりです。