ハワイアン三兄弟〜アロハな子育て〜

3兄弟の育児記録。国際結婚のアメリカ人夫との日常。

【使ってみた】イケアの布団カバーは安くておしゃれ、だけどさ…

f:id:anjelinax:20181219165311j:image

寒くなってきました。暖かい掛け布団の出番です!

そんな掛け布団、ベッドルームを大きく占めるので、おしゃれな布団カバーが欲しい!と思い、

たどりついたデザイン。

イケアで、セールをやっており、掛け布団カバーと枕カバーセット、シングルサイズで1500円でした♪

 

 

デザインに一目惚れ。息子用だけど、嫌がったら私に回す予定で。

f:id:anjelinax:20181219164134j:image

素敵な柄。

これが…こんなに後悔するとは…

 

残念ポイント1

イケアのカバー、四隅の紐がついていない。

普通に日本で掛け布団カバーを買うと、6箇所もしくは8箇所に、布団と離れないようにむすぶ、紐がついています。

f:id:anjelinax:20181218135319j:image

 

掛け布団側には、紐を取り付けられるような輪がついてます。

f:id:anjelinax:20181218135418j:image

 

これが無い。

するとどうなるか。カバーの中で布団が、動く動く。

不愉快極まりない…!

もうイライラし過ぎて自分で紐つけました。

f:id:anjelinax:20181218135542j:image

 

残念ポイント2

サイズが日本の掛け布団定番サイズと違う。

これは盲点。勝手に、サイズは合うものとばかり。

 

掛け布団のサイズは、日本のものであれば

シングル 150×210

セミダブル 170×210

ダブル190×210

 

なのです。

イケアの掛け布団カバーのサイズは

シングル 150×200

ダブル200×200

 

丈が短いー!

 

サイズはよく確認してから買いましょう…教訓。

 

日本でいう「シングルサイズ」「ダブルサイズ」というサイズ感は、

日本だけものので、世界とはサイズ設計が全く違います。。

 

 

 

つくづく、日本の製品てよくできているなあ、と感心します。厳密に言うと、日本向けの中国産なのだけど。

日本向けの商品を中国に依頼すると、嫌がられます。価格は安く要求するくせに、品質は高く、色々細かい注文までつけられると。

日本のスタンダードに慣れてしまっている自分には、欧米向けの仕様だと

戸惑う点があります。

 

イケアの商品監修はスウェーデンなので、品質基準や使用感も、ヨーロッパ基準なのですよね。

低価格帯であの商品はすごいな、と思うのですが、やはり日本の生活に合わないものがちらほら。

 

とは言え、デザインが気に入って買ったので、

色々我慢して使うことにします。安かったし文句は言えない。

それでもやはり好きなので、また通います!