ハワイ三兄弟

ハワイへ移住した3兄弟ママです。日本での育児から、移住準備、ハワイでの生活をつらつら書いてます。マーケター。

【ワーママ】育児と、仕事と。揺れる、悩む。

ワーママの悩み

ワーママの悩み

ワーキングマザーとして、働いてもう5年。

育休、3回取得。5年間常に0〜1歳児がいる為、ずっと時短です。

悩んだり、迷ったりする事が多々あります。

 

ずっとモヤモヤしてるのは、キャリアと家庭のバランス。

子供を産む前は、海外出張も行き、平日は23時ごろまで、時には休日返上で働いてました。

隙間時間には資格の勉強をしたり、精力的でした。

 

子供を産んでからは。キャリアを積みつつも、

子供を早く迎えに行かなきゃいけない、休みがちになる。

以前、妊娠中に管理職のオファーが来ました。

 

うちの会社の管理職は、プレイヤーも兼ねたマネージャーなので、単純に仕事量は倍になります。

時短で、育児をしつつ、仕事をさばけるのか?

夫の協力を得て、育休に入るまでに少し、挑戦してみました。

 

仕事量が増え、定時にも帰れなくなり、

保育園のお迎えは夫の仕事になりました。

私が子供達と会うのは、夕ご飯を食べ、お風呂も終え、寝る前の少しの時間だけ。子供達と過ごす時間が減りました。

すると。子供は正直です。

あれだけ、ママっ子だった子供達が、パパに懐くようになったのです。

 

過ごす時間に比例して、子供達の信頼を得たり、失ったりしていく。

帰りが遅く、一緒の時間を共有できないママよりも、一緒に過ごせるパパの方が好き。

少し、いえ とても、寂しくなりました。

 

まだ幼い子供達。やっぱり、今はこのかわいい子供達と一緒に過ごしたい。

そう思って、管理職は辞退しました。

 

三男の育休を終え、仕事にも慣れてきた折に、

プロジェクト主要メンバーに選ばれました。

若い子達にも、経験と知恵を広めて欲しいと。

リーダーではないものの、活躍できる場があるのは嬉しいもの。張り切っていた矢先に、三男が熱を出し、重要な決定をするプロジェクトMTGを欠席しました。

 

熱が下がり、出社すると、私の知らない事が決定されていました。自分がいなくても仕事がまわること。ワーキングマザーにとって、ありがたい状況でありながらも、少し、寂しさを感じます。

そして、主要プロジェクトメンバーからははずされ、ただのメンバーの一員としての活動に収まりました。

 

今の状況では、仕方のない事だとわかっています。

一日一時のスピードを争う事業で、しょっちゅう休むメンバーが主要ポジションにいれば、迷惑がかかります。

時短勤務なので、遅い時間の会議も商談も出れません。海外出張にも行けません。

 

でも今は、堪えるしかない。

 

だって、今は家庭を犠牲にできない。

今仕事にベクトルを振れば、きっと後悔する。

 

だけど、私もいい歳です。

会社にとってみれば、マネジメントもしない、

ただの古株一般社員は、お荷物でしかない。会社も、どう扱って良いのかわからないと思います。

 

会社からの目と、同僚、上司の目。

見えない圧力。

まだあと5年くらいかかるかな。

悩みながら、揺れながら、働いていきます。