アロハな子育て

ハワイへ移住した3兄弟ママです。日本での育児から、移住準備、ハワイでの生活をつらつら書いてます。

MENU

【つぶやき】うちの子は、ちょっと発達が遅い。

うちの長男は6歳になりますが、

1歳児検診、3歳児検診。

国で実施している検査に行くたびに、ひっかかってきました。

ちょっと、人と比べると、成長が遅いんです。

特に言語能力が低いです。

身体能力、身長体重は普通です。

 

3歳まで

気難しい子で、イヤイヤ期がずーっと、続いているような感じでした。手を繋ぐことを嫌がり、無理やり繋ぐと発狂するので、ベビーカーに乗せて移動してました。

トイレトレーニングもうまくいかず、おなじクラスの中でひとりだけ、おむつをつけていました。

こだわりが強く、自分のやっている事を中断できない為、集団生活ではよく遅れたり、怒られたりしてました。単語は理解しているものの、きちんとした文章は作れません。だから会話のキャッチボールもできません。

 

4歳まで

まだおむつはとれませんでした。

文章は作れるようになってきたものの、意味のわからない文章になる事が多々あります。

まだ友達と遊ぶことはなく、ずっとひとりで、ブロックや塗り絵を遊んでいました。2歳の弟とは毎日のようにケンカして、仲良く遊ぶ事はありませんでした。

 

 

5歳まで

やっと、おむつがとれました。

会話のキャッチボールが、できるようになってきました。お友達とは遊びたい様子をみせるようになってきましたが、言葉がまだちぐはぐなので、お友達とコミュニケーションをとることができず、接し方がわからないようでした。

この頃、市の発達を見る方に来て頂き、息子の様子をみてもらいました。

結果は、いわゆる発達障害ではない。

けれど、言語能力が他の同年齢の子に比べて、半年から一年の遅れが見られる。様子見で良いが、積極的に話しかけてあげてほしいと。

 

6歳まで

文章が作れるようになり、会話のキャッチボールがやっとできるようになりました。

まだお友達の名前はちゃんと覚えてきませんが、遊びの輪に入りたいようです。

まだ6歳のお友達と対等に話す事はできないので、

仲良しのお友達はいません。

 

運動会やお遊戯会では、毎年ずっと泣いていて、何もできませんでした。5歳で、やっと泣かずにお遊戯をしていた時は、泣きました。

 

まだ小さいので、これから彼にどんな試練が待っているのか、又はすっかり発達の遅れを取り戻すのか、わかりません。

 

両親は、彼は個性的でかわいいと言ってくれます。私も、他の子よりもちょっと幼いこの子がとてもかわいいと思います。流石に2、3歳までは心配の方が大きかったですが、弟達ができて、個性というものを肌で感じ、落ち着いて向き合えるようになりました。

これからも、この子の個性とちゃんと向き合って、焦らず一緒に歩いて行きたいです。