ハワイアン三兄弟〜アロハな子育て〜

3兄弟の育児記録。国際結婚のアメリカ人夫との日常。

子連れハワイ@0歳3ヶ月

子連れでハワイ

毎年子供を連れてハワイへ行っています。

その年代で、行くところや、持ち物が違っていたので、せっかくなので記録しておきます!

 

0歳とハワイ オススメ度60%

 

低年齢でのハワイ。何度か行って来ましたが、この歳だと結構おすすめです。

おすすめの理由

■飛行機チケット代がかからない

■大人の行きたいところに行ける

■寝る子なら飛行機は大体寝ていてくれる

■離乳食が充実

 

 

■飛行機チケット代がかからない!

これは座席代がかからない、という意味です。

サーチャージはかかりますが、数千円です。赤ちゃんと快適に過ごすためには、航空会社に連絡して、「バシネット」を使わせてもらう必要があります。

 

このバシネットに入れる体重制限が航空会社ごとにあって、大体10kg以内までです。

バシネット使用可能席は限られているので、その席が埋まっている場合は使用できません。でも、これが使えないとずっと抱っこしてないといけないので、大変です。

 

■大人の行きたいところに行ける

この頃の赤ちゃんはほとんど抱っこ紐かベビーカーの上。大人の行きたいところに行けます。あちらの方は寛容なので、レストランとかで泣き出しても、ニコニコ笑って話しかけてくれます。

完全母乳の場合、授乳室が無くても授乳できるように、授乳ケープを持ち歩きます。

授乳室は「」

アラモアナやワイケレアウトレット等大きめのショッピングセンターにはオムツ替えシートと授乳室がありますので安心です。

 

■寝る子なら飛行機は大体寝ていてくれる

うちの子はよく寝る子だったので、行きの飛行機は1回しか起きず、帰りの飛行機は

2〜3回起きるだけでだいぶ助かりました。

ぐずった時も、授乳ケープでおっぱいを飲ませれば大体OK。

 

■離乳食が充実

ビーフードは比較的たくさんあります。

中でもオススメはコレ〜!

f:id:anjelinax:20180901201406j:image

オートミール!粉状になっていて、お湯で溶かすだけの楽々タイプー!キャラメルバナナ味で、

6ヶ月の時から、2歳近くまでお世話になりました。

他にもりんご味とか、チョコレート味とかがあります。お土産に買いまくりました。

 

上記理由から、子連れハワイの中でも0歳時はとても良いのですが。

もちろんマイナス面はあります。

 

0歳児ハワイでも、マイナス面はもちろんあります。

■オムツが高い

■オムツ替えシート・授乳室が少ない

■病気・怪我で病院にかかると高い

 

 

■オムツが高い

日本だと、テープタイプ1枚あたり15円〜20円程度で買えるのですが。こちらは運送費が上乗せされているのか、これがアメリカ価格なのか・・1枚あたり20円以下のものはほとんど無いです。パンツタイプはもっと高くなります。

しかもしかも。日本だと定番である「おしっこサイン」(濡れたら青くなるライン)

 

◾️オムツ替えシート、授乳室が少ない

意外にオムツ替えシートがトイレにない事が多いです。ハワイは車生活なので、車で替えるそうで、そこまで充実してないです。授乳室も、車か授乳ケープで済ませてしまうようです。

 

◾️病気、怪我をして病院にかかると高い

これは有名ですね。必ず海外旅行保険に入っていきましょう!

 

あとはやはりフライト。こちらは7時間〜8時間、長時間になるため、とても不安でした。

グズったら抱っこしたりできるので、車移動よりは楽かもしれません。周りに迷惑をかけてしまうかもしれないので、前後左右の席の人に一言声をかけておきました。ただ、飛行機の轟音が心地よいらしく、周りの赤ちゃんも比較的寝てました。

 

うちは赤ちゃん時期は0歳3ヶ月、0歳4ヶ月、1歳1ヶ月で行きました。

 

気軽に行ってみよう!と思えるなら

是非赤ちゃんとのハワイ時間を楽しんできてください✨

是非赤ちゃんの体調管理には気をつけてくださいね。