ハワイアン三兄弟〜アロハな子育て〜

ハワイへ移住する3兄弟ママです。日本での育児から、移住準備、ハワイでの生活をつらつら書いてます。

MENU

男の子3兄弟って大変ね!

道を歩いていてよく声をかけていただくことがあります。

第一位。

「男の子3人なんて大変そうね!」

 

はい!!!

大変です!!!

 

いや、知らないけれど。女の子3人も、男女混合3人も、大変だよね・・?

私はこの子たちしか育ててないから、知らない。

 

【3人兄弟で大変な事】

  1. 金がかかる
  2. 手が足りない
  3. 電車、レストラン、座りにくい
  4. ホテルに泊まりにくい

1:金がかかる!!

これは言わずもがな。何でも3人分。食費、学費、×3。

ファミレスでランチでも行こうものなら、5,000円は見ておかないといけません。

全員思春期時期の食費とか恐ろしすぎる・・・!

 

2:手が足りない

私たちの親は遠方に住んでいます。よって、子育てはほぼ2人です。

子供が3人。1人1人担当だった時はそれなりに目をやれてたけど、どうしても1人、目を離してしまう時があるのは否めません。

 

3:電車、レストランで座りにくい

これは、家族が奇数であるとどうしても起こるもの。だいたいの席は、4人席とか、6人席で設定されているのです。新幹線の席を回転させてで座ろうとすると、4人席でぎゅうぎゅうに座るか、6人シートで一人知らない人が混じっているかです。

 

4:ホテルに泊まりにくい

これは5人家族になって初めて実感したこと。特に格安ホテルとかだと。。

設定が、2人、もしくは4人、がとても多い!!

おそらくダブルベッドで2人寝てくれって事なんだと思うんですけど。

 

とはいえ3人いて良かった事もありますあります。

【3人兄弟で良かった事】

  1. 幸せ×3
  2. 保育園の兄弟枠入りやすい
  3. 3人目保育料無料
  4. ジュース、ヨーグルト、等分

 

1:幸せ×3

これも言わずもがなです!!子供は可愛い。大変だけど可愛い。

3人同性でも、それぞれ違う性格と顔で、全員可愛いです。一人子供がいたら、その愛はわかると思うんですが、それが割れる事なく、増えていきます。不思議。

 

2:保育園の兄弟枠入りやすい

自治体にもよると思うのですが、うちの保育園の入園枠は激戦です。認可駅近、施設充実園ともなると、倍率は200倍にもなります。(入園児1人に対して200人の応募)

そんな中、2人兄弟の子たちは、兄弟別々の園に行っている子も多々います。

ところが、3人兄弟の子たちは希望園にほとんど入れているんです。

別記事で詳しく書こうと思います。

 

3:3人目保育料無料(自治体による)

乳児の保育料はとっても高いです!無認可フルタイムだと、うちの周辺は8万〜

程度です。それが無料!!無料でフルタイム見てもらえるなんて!!

正確には国がお金を払ってくれているのですけど。

 

4:ジュース、ヨーグルト等分

これは小さな事ですが、アンパンマンジュースや、ヨーグルト、プリン。

何故か3個パックが多くないですか?それが綺麗に割り切れる!

これは諸説あるのですがプリンが出始めた1970年代、家族構成はパパママ子供2人の4人家族が多く、母は専業主婦がメイン。おやつの時間帯に、子供2人とママが食べられるようにと、3個パックになったそう。業界標準ですね。

2人兄弟の時は1個余って戦争になって大変だった。。。

 

家は動物園のように賑やかです。

でも今のところ、とっても幸せです。家がワイワイしてるのってとても華やぎがあります。⁽⁽٩(๑˃̶͈̀ ᗨ ˂̶͈́)۶⁾⁾ 

f:id:anjelinax:20180913174021j:image